柚子のてしごと

今年の柚子しごとは、柚子胡椒と柚子塩に。

こんにちは
つぼねあん・マスオサユリです

義母の本家の『花ゆず(一才ゆず)』

柚子胡椒

きれいな色~。
せっせとすりました(‘ω’)
する作業、香りが鼻にビンビン入り、癒されます~

 柚子塩

残った果肉と果汁
今回は粒が小さい花柚子なので、種を丁寧にとってから、そのままフープロで攪拌。

柚子塩にしました(*’ω’*)

在宅治療になったことで、食事制限も緩やかになりました。
でもその中で、塩・塩分摂取は気をつけなくてはなりません。
そのため、こうして手間暇をかけて調味料は自宅で作るようにしています(*’ω’*)

柚子胡椒・柚子塩どちらも塩分はかなり控えめに。
柚子塩は普通ならあっという間になくなる分量ですが、我が家はかなりもちます🙄

食事は分けて作るの?と聞かれることが多いですが。
療養食・普通食と分けて作ることはしません。
同じものを一緒にいただきます。

在宅前は大変でした。
同じものをいただくには私には栄養や必要な要素が足りず、身体に不調をきたすことも。

仕事がらお客様にご提案するのに、体験しないとわからないことなので自分実験しました。
私自身も分析したいタイプなので😅

だから、食の大切さは譲れないところです。

今は在宅治療になったことで、基本的に塩分とナトリウム、添加物に気を付けるようにしています。
同じ味付け同じものを。

味が単調になりやすい療養食。
安心安全な調味料で、味にバリエーションをつけるために。
療養食だから美味しくないでは、だめだと思うのです。
自分自身も食べれなくてはね。。

調味料。
ちょっとしたアイデアで塩分控えめに。
美味しく作れます。

冬は柚子。
毎年の風物詩です~

関連記事

  1. 自家製生姜をお客様のティータイムに💗

  2. 2020.柚子のてしごと

  3. 冬と言えば大根常備菜作り

  4. 無花果のドライフルーツ作り

  5. クコの実パワーでアンチエイジング

  6. 自家製生姜・手作りをすることで学ぶこと