【病人食】強い味方の調味料

こんにちは
つぼねあん・マスオサユリです
毎週日曜は、我が家の在宅治療・難病と向き合う日常を書いています。

我が家の大切な療養食のつよーーい味方の調味料・酒粕

なくなるとどどーーーーんとお取り寄せしています。

食事制限が厳しい腎臓病食に大事な有難い食材のひとつ。
使いやすい分量にカット。
発酵を進めるため、野菜室で保存してから冷凍庫へ。

酒粕は大の苦手でしたが、雪中梅で働く主人の友人からいただき、使ってみたら美味しい💗
ここのは柔らかくて簡単に使えて重宝しています。
雪中梅の日本酒は別格。
また呑みたいな~(*’ω’*)

おススメの酒粕。

酒粕は塩抜きにもなるので、お魚は酒粕で漬けて塩を抜いていただきます👍

最近のお気に入りは、「酒粕で作る酒醸(チュウニャン)」

●酒粕
●水
●黒砂糖
●酢

鍋に入れて強火で加熱。
沸騰したら丁寧にクリーミーになるまで混ぜる。
使うときは過熱してアルコールを飛ばして使います。

サケの切り身を漬けたり、炒めものに少し入れてコクをだしたり。
お漬物にも入れてみたり。

塩の制限が厳しいので、酒粕や麹をフル活用しながら味の工夫をしています。
ご飯をいただく。
人間にとって一番大切なこと。
ここがおろそかになると、精神的にも肉体的にも不調が現れます。

制限があったとしても、少しでも美味しいものを食べたいし食べてもらいたい♪
ない知恵振り絞って、手間暇かけつつ少しでも美味しい、飽きない味付け。

日々、研究は続きます~(^^)

 

関連記事

  1. オーガニックハーブティーは手作りで💗

  2. 在宅でなんて本当にできるの?

  3. 自然栽培みかんで陳皮づくり

  4. 柚子しごと

  5. 在宅治療との向き合い方

  6. オーガニック野菜の美味しさありがたさ

 

栃木県足利市
ホリスティックリトリートつぼねあん

つぼねあんはお一人お一人、季節・ライフワーク・ストレス・環境の変化などあらゆる状態から、体調管理をサポートしています。現場にこだわり施術一筋15年、延べ20,000人の女性を施術した経験と、家族の難病による在宅治療と向き合うなかで、サロンテーマである毒素排出、巡りのよい身体作りは健康の基本と改めて痛感。女性の更年期に向けての体や心、ライフワーク含めたサポートでおとな女性の不調をサポートいたします。
→体験コースはこちらから>>>

  1. 2020.09.01

    サロンオープン16年目💗新たな取り組みのひとつ

  2. 2020.08.10

    足利土産を探しに♡

  3. 2020.06.15

    春~梅雨の冷えの原因のひとつ

  4. 2020.04.22

    つぼねあんのこれからのこと

  5. 2020.03.25

    より居心地よく☆サロン色々リニューアル~

  1. 2019.12.02

    気がつくと気持ちが軽くなってる…

  2. 2019.09.27

    こだわりの『水素吸入セラピー』はじめます。

  3. 2019.08.16

    アーユルヴェーダ・オイル復活💗

  4. 2019.08.01

    癒しカラーではないつぼねカラーは・・・

  5. 2019.07.26

    つぼねあん横浜サロン終了のお知らせと今後について💗

つぼねあん-tsubona-an-

【店舗名】ホリスティックリトリートつぼねあん
【所在地】足利市福富町
※詳細はご予約の方にお伝えします。
【定休日】不定休