むくみだるさを解消・白湯飲み健康法

健康とキレイであるための白湯(さゆ)飲み健康法のご紹介

こんにちは
つぼねあん・マスオサユリです

白湯飲み健康法は、インド伝統医学「アーユルヴェーダ」
でも・・・お白湯といっても日本人の私たちが思い浮かべるお白湯の温度とは違うんですよー。
大体のお客様が、お白湯といって思い浮かべるのが、常温又は生ぬるい温度。
でも、常温ではアーユルヴェーダ的には冷えているとみなされます。

白湯の作り方はとってもカンタン。
沸騰させたお湯を、冷ますだけ。
但し、体質に合わせた温度ありです。

冷えやすい、冷えがちな日本人。
「冷え」ている人に向いている健康法が白湯のみ療法。

アーユルヴェーダでは、体内で一番熱を生む臓器が「胃腸」と言われています。
その胃腸に冷たい飲み物やカフェインの多い物、アルコールや添加物等を取り入れるとどうなるか。
内臓が冷え、血の巡りも滞り、老廃物が溜まりやすくなってしまいます。
結果、代謝・免疫力の低下💦

しっかり作ったお白湯は温める作用も強く、胃腸~内臓~身体全体が温まり、血の巡りもよくなり代謝や免疫力もあがるといわれています。
また、白湯は腸内の老廃物を洗い流し、体内に滞っていた水分を尿として排出、むくみや便秘によいとされています。

【解毒・体内浄化】
①身体をあたため代謝アップ。
➁不要なもの(老廃物)を溜め込まないようにする

白湯レシピ
➀ヤカンにお水を入れ、強火で沸かします。※普通のお水でOK!!
➁沸騰したらヤカンの蓋を外し泡がブクブクになったら、弱火で10~15分ほど沸騰させます。
③火を止めて、冷めたら出来上がり

お白湯を飲むベストなタイミングは、朝起きてすぐにっ!!!
少しずつ飲むことで胃腸が温まり、巡りのよいからだへ、デトックスしやすいからだへ!!!

量は1日で700ml〜800mlが理想ですが、無理しないようにしてくださいね。

はじめは白湯なんてまずいとか、味がないなんて思ったりします。
えへへっ、私がそうなんです。
でも、それって毒素一杯の汚い体だから(-_-;)

続けるようになると、お白湯に味を感じられるようになります。
それは身体のバランスが整ってきている証拠。
身体の中にあった不要な老廃物が少しずつ毒出しできているから。

「むくみやだるさを撃退したい」とき。
「身体に不調を感じる」とき。
ぜひ、1週間、お白湯のみを試してみてはいかがでしょうか。

これからの季節の変わり目の免疫力強化におススメです💗