がんばれ、みぐりん。

きゅうくつでち

ネコピストみぐりん。
病院の日。
動物病院まではチャリで7分ほどの距離。その間、ずーーーーっと叫んでおりました
恐がりの癖に、束縛を嫌うみぐりん。とにかく開けろ~攻撃。
待合室で、ちょこっと開けた隙間から頭を出し、病院内をくまなく観察。
そこに先生が現れると慌てて隠れ恐る恐る覗く…を繰り返してました^^;

エコー検査の結果は、悪くなっているようで腎臓の役割が出来ていない状態だとか。
袋が肝臓や他の臓器にもできていて、これがかなり大きくなっていました。
お腹の中、正常じゃない。
食事も食べられていなくて、体重も減っていたため、他の食事を取り寄せてもらうことに。

食欲はあるんです。
ただ、嫌いなだけでガーン食べない。
魚系が嫌いなみぐりんとみゅうさま。
先生から、外人だもんね~と言われてました(+o+)

食べないからうんちも出ない。便秘。
悪循環。

こういうとこは、西洋医学の限界を感じます。
治せないものには何ともできない。

ストレスかけてまで連れまわしたくない思いの方が強いのですが、電車で1時間の東洋医学の動物病院に連れて行くか、悩みます・・・。

10日後に血液検査の結果。
エコーでこんなんだから、一体、数値はどうなっているのか・・・。

それにしても体重減っているのに、長毛のみぐりん。
お客様から、でかーーーい!と言われまくってます。
見た目からは全く病気だと感じないのがありがたい。

そんなみぐりんをパシャパシャと撮影していたら、迷惑そうな顔に変わってまいりました。
す・す・すみません、終わらせます・・・