在宅治療で自分に合った治療ができること

こんにちは
つぼねあん・マスオサユリです

腎臓の難病から透析をしている主人と2017年春に一緒になりました。
お互いをよく知る友人からの紹介で、とんとん拍子にアラフィフ初婚同士。

それから一緒にこの難病と闘っています。
実は・・・愛猫みぐが同じ病気でお空にわたり・・・。
なので、この病気のことはとてもよく理解していました。

自分なりに腎臓のこと、透析に対しての勉強をしてきた中で大きな疑問を抱きました。

人の体は、十人十色。

私は、横浜でリラクゼーション・エステサロンを運営して今年で早15年。
お客様の健康・美・ストレスをサポートさせていただいています。

おひとりお一人、お悩みも身体の症状も、ストレスも置かれている環境も様々です。
たとえ、エステ、リラクゼーションといえども同じ内容のメニュー、同じ内容の施術はありえません。

なのに、透析は週3回4時間。

大きい人
痩せている人
若い人
男性
女性
体力のある人

みんな治療の条件が同じ。
これでは体の大きい人は老廃物が排出されず、透析不足による合併症が出やすくなるのは当たり前…
そして何より…都会と違って病院が選べない💦

昼間勤務の場合、夜しか透析ができません。
でも、夜やオーバーナイトでやっている施設はまずない。
だから透析導入になると会社を辞めないといけなくなる。

あ、、、でも間違えないでほしいのが、
透析をしているからといって、みんながみんな働けないわけではないこと。
透析をする時間があるから、勤務時間によっては時短になってしまう人もいるし、合併症で苦しんでいる人もいる。
でも、我が家は問題なく働いていますし、ある意味、透析をしている人なのに健康体。

ただ、主人も透析を始めて2年と少しで、ちょっとずつ透析不足による不調が出てきました。
このままだと、まずいだろう…。
こうなると動くのは早い私。
移植も視野(これは私が考えていることで主人は嫌がりますが💦)にいろいろ考えていたとき。

以前、担当看護師の方から「安定してるから在宅で透析が出来ると身体にいいし、ストレスも無くていいんだけどね」と主人から聞かされていたことを思い出し、在宅血液透析があることを知りました。

紆余曲折、2018年8月より在宅血液透析を無事スタートさせ今に至ります。

この記事は、サロンのお客様には関係ない事柄ですが、私のサロンは身体の老廃物を溜めないデトックスを生業にしています。
透析をするということは、この毒出し機能がないということです。

病気を通して、自然療法を上手に活用していること。
身体、心のケアは大切だということを。

私の備忘録と、お客様に気を付けていただきたいこと。
そしてもし同じような介助者、介護をしている方と繋がれたらなといいなという思い、在宅血液透析に興味がある方にお伝え出来たらと思っています(*’ω’*)

関連記事

  1. 在宅治療ルームの冬仕様

  2. 在宅治療機器搬入と設置

  3. 【在宅治療に向けて】施設体験2日間

  4. 保護中: 在宅治療、最大の問題点

  5. 在宅治療はどうしていますか?

  6. 在宅でなんて本当にできるの?