更年期あるあるデリケートゾーンの悩み

こんにちは、つぼねあんマスオサユリです。

更年期、いろんな不調が出る中で、さすがの私も口に出せない悩みが一つありました。
それが、デリケートゾーンの痒みです。
場所が場所ですから人に気軽に相談出来ないし、病院に行くのも気が引ける・・・
と悩みました( ノД`)シクシク…

更年期。
女性ホルモン減少による影響から、膣の粘膜が薄くなって粘液の分泌も減少。
乾いてしまう😿
そのままにすると、更に乾燥→カチカチ状態、だんだん萎縮してきます。
更年期前後に膣にかゆみ、痛みなどを感じる場合、その影響によるものも大。

乾燥…更年期は思わぬところに影響があるんです。

なんか痒いなー。
こんなことも更年期の症状の1つとわかっていたら、掻きむしらず、あれこれ悩まず悪化しなかったのに😿

デリケートゾーンだけじゃないですよー。
お肌全体が敏感になってますから。

***同じような症状で悩んでいる方へ***

●ボディソープを低刺激のもの
●デリケートゾーン専用のソープ
※こすり過ぎない、洗い過ぎないようにしてください。

●血の巡り・冷えを改善。
※代謝を上げ、巡りのよい体づくりをする。

●足のつぼ(反射区)

●子宮・・・足の内側(親指側)
●卵巣・・・足の外側(小指側)

わかりずらくてごめんなさい。
内くるぶし、外くるぶしから下に向かった部分(三角形)を、しっかり流すようにマッサージしてください。
クリームを使ってほぐすとやりやすいです。

痛みを感じる方が多いと思いますので、無理しないようにほぐしてくださいね。

知らないって罪・・・💦
ほんと、この痒み、尋常じゃなかったんです。
正直、悩みました、これってなに?病気?って。
なんか薬を塗らないとだめなのかしら・・・
でも、勝手な判断は、場所が場所だから怖いし、病院に行くのも・・・

ただ、本当にありがたいタイミング。
師匠から更年期の勉強でタイムリーにそんなことが起こるということを知り、安堵しました。

私のモットーは、ホルモン療法やお薬を使うことなく、自然療法によるナチュラルなケアで対応するということ。
病気ではないのであれば、余計なお薬もサプリも必要ない。

ただもちろん、病院に行く必要のある場合もあります。
もし、自己判断で勝手に薬を選んでつける位なら病院に行った方がいいのかなと思います。
後々、この薬じゃなかった、必要なかった・・・なんてことになったら、体にもよくないので。

閉経後は、1ヶ月に1回の生理によるデトックスは出来なくなります。
自分でやるように意識していかないといけないです。

巡りをよくし、流れを滞らせないこと

これから寒くなって、冷えによる血液の流れやリンパも滞りがちになります。
サロンでのケアは、身体を温め不要な毒素をしっかり出すことを徹底的にしていきます。
身体を冷やさない、老廃物を溜めない、巡りのよいからだ作り。
心掛けていきましょう。

関連記事

  1. 腸内フローラバランス安定へ♡11-1 乳酸菌

  2. 春~梅雨の冷えの原因のひとつ

  3. 免疫力アップに必要なこと

  4. 生理痛・月経トラブルは冷えないむくまない体へ

  5. 不定愁訴対策・自律神経を整える

  6. 足の冷えむくみを解消して疲れにくいからだへ