閉経すれば子宮筋腫は大丈夫?

つぼねあんマスオサユリです。

子宮筋腫や卵巣嚢腫。
手術はなるべくしたくない。
その気持ち、とってもわかります。
私もそうでしたから。

医師から「なんでそんなに手術したくないの?すぐ終わるし簡単だけど?」
こんな風に言われて追い詰められてしまったお客様のお悩み、よく伺っています。

なるべく身体にメスはいれたくないんです、入れなくてもいいんなら。
例え、簡単って言われても簡単じゃない。
それは当たり前の感情だと思います。

でも「簡単だから手術で切っちゃえ。」という先生ばかりではないから…。
もしこんな言葉をかけられたとしたら、私ならここでの手術はしないと思います。
病院を変えることを視野にいれつつ、自分の診断結果を冷静に判断したいですよね。

で・・・子宮筋腫や卵巣嚢腫。

閉経さえすれば大丈夫って思っていませんか?

確かに。
生理のときの出血量が多い方、生理痛が重い方。
閉経を迎えれば、その悩みから解放されるのでとても楽になります。

筋腫もそれ以上大きくなるというリスクはなくなるのかもしれません。

でも、子宮筋腫ができやすい女性の体は、むくみやすかったり、冷えが強い傾向にあり、閉経を迎えたからといってそれまで解決されたわけではないんです。

閉経後の女性のからだ。
メンテナンスも大事になってきます。

肩こりや腰痛といった関節痛。
疲れやすかったり。
イライラしたり落ち込んだり、気持ちが不安定になりやすい。
骨が弱くなったり。
高血圧
の心配といろんな症状を抱えています。

更年期~老年期。
私達、まだまだ歳を重ねていきますよね。
上手に将来の●●期に移行するためにも、ご自身の体質を見直して、健康な心身を予防・維持していきたいですね。

だから「閉経まで待てばいい」ではなく、今の体質、冷え・むくみ対策。
歳をとっても元気な自分のために。
心に留めておいてくださいね。