プレ更年期に気をつけてほしいこと

生理痛やPMS(月経前症候群)、子宮筋腫など婦人科トラブルのお悩みが多い世代です。

  • 時間がないから。
  • 生理のときだけ我慢すればいいから。
  • どうしていいかわからないから。

なにもせずに放置してしまうのは禁物。
女性の身体は、とても複雑でデリケート。
女性ホルモンの働きによってライフステージごとに変化します。

特にプレ更年期のときは、ストレスが大きく影響します。
体とこころにあらわれる小さなサインを見逃さず、プレ更年期の正しい対処法を知ることで不調に振りまわされないからだ作りをしていきましょう。

プレ更年期【30代後半~40代半ば】

女性ホルモンの減少によって心身に変化が起こり始める時期

閉経に向けて女性ホルモンのバランスが乱れることによる不快な症状は、更年期が近いというサイン。
生活環境が大きく変わった現代では、30代前半からプレ更年期症状に悩まされている方も多くなっています。

    • 仕事帰りの電車の窓や車のミラーに映る自分の顔を見てびっくりした!!!
    • 顔の疲れが半端ない!!!

自分の身体やお肌に「年齢」を感じはじめるとき・・・。

プレ更年期のときこそ早め早めに手を打つことがカギ!!!
「病気ではないから」「具体的にどうしていいかわからないから」と、具体的なケアをしていない方が多いのがとても気になります😢
プレ更年期の症状を放っておくと、やがて更年期障害へとつながってしまうことも多いです。
つぼねあんでは更年期の不調に悩まず快適に過ごしていただくために、閉経前のプレ更年期のメンテナンスを大事にしています。

プレ更年期にケアしてほしい症状

*生理痛、PMS、生理不順、子宮筋腫などの婦人科トラブル・冷え、むくみ

✅ 経血にレバーのような血の塊が混じることが多い。
✅ 経血の量が多かったり、少なかったりする。
✅ おりものが気になる
✅ 生理周期が乱れる
✅ 手足が冷えやすい
✅ イライラしたり落ち込んだり、気持ちがコントロールしづらい

閉経を迎える更年期になる前に、子宮内の環境を綺麗に整えて上手に閉経を迎えることは、更年期以降の体にとっても重要なことです。
生理は女性の健康のバロメーター。
体内に溜まっていたものを排出する働きがあります。
初潮を迎えて長くお付き合いしているのが生理。
できるだけ不快な症状なく、スムーズな生理を迎えるために体質、生活習慣を改善していきましょう。

 子宮筋腫

つぼねあんでもお悩みの多い子宮筋腫。
経過観察中でどう過ごしたらよいかというご相談が多いです。


子宮筋腫・・・子宮にできる筋肉の瘤(こぶ)
筋腫は女性ホルモンの影響を受けて増大すると言われるため、閉経後は女性ホルモンが出なくなり、筋腫も縮小するため問題は稀と言われています。

【子宮筋腫のよくある症状】

生理痛が重い、月経困難症
生理不順
生理時の月経の量やかたまりが多いこと
生理の日数が長い
不正出血
貧血・めまい
冷え

この症状のあるお客様の共通が、老廃物を溜め込みやすい、むくみやすい身体😿
老廃物が排出されにくいということは、身体の代謝機能が低下しているということ。
冷えて血の巡りが悪い😿

冷え⇔血の巡りが悪い⇔リンパの流れが悪い⇔浮腫む⇔老廃物が溜まる

子宮筋腫が見つかったお客様からのご相談内容で多いのが

経過観察中に子宮筋腫が大きくならないか心配

なるべく手術しないで閉経まで乗りきりたい

次の検査は半年後、1年後に…と言われただけで、何をどうしたらよいかわからない。

過多月経で、貧血がつらい。

PMS、生理痛がひどくて月の半分以上を痛みとだるさで過ごすのを止めたい。

子宮が冷えていると生理痛、過多月経、生理不順、子宮筋腫等のトラブルが心配ですよね。
お腹、冷えていませんか?
お尻周りはいかがですか?

子宮筋腫は閉経すると育たなくなるから・・・というお声もありますが、例え、筋腫が育たなくなったとしても、筋腫ができる原因である『冷え体質』が変わるわけではありません。
その後、更年期も冷え体質は続きます。冷えは万病の元、更年期には天敵です。

まずは閉経を迎える前に、子宮筋腫で経過観察中で出来ること=あたたかい子宮に戻すべく、身体をととのえていきましょう。

食生活の乱れ

【食事の改善】
体質に合わせた食事管理のアドバイス
一汁三菜。
主食:副菜:主菜=3:2:1

主食:お汁もの:おかず(メイン1、小鉢2)がつく昔ながらの和食をイメージ^^
バランスのとれた食事が大切です。
忙しいとどうしても食事は乱れがち・・・。
特に生理痛や生理不順、子宮筋腫などの婦人科系のトラブルのある方は、食の見直しもお願いしています。
まずはお休みの日から、夕食だけと無理しないように少しずつtryしていきましょう。


腸内環境をととのえる発酵食講座で身体の内側もメンテナンス
必ず訪れるのが閉経。子宮筋腫は閉経後は大きくならないからと、それまでなんとかできたら…と考えている方も多いですが…。
筋腫ができる体質は変わらないんですよね。
ただ閉経を迎えるのではなく、子宮の中に毒素をのこさないために生理を上手に終わらせることって更年期以降の健康にたいしても大事なことです。
冷えむくみ体質は老廃物・毒素を溜め込みやすい体です。
サロンでのメンテナンスにプラスして、セルフケアの中に腸内環境をととのえるための発酵食を取り入れて体が喜ぶ食生活にととのえていきましょう。
コロナ禍で健康に対するお悩みが多く自分でも出来る!!簡単にできて美味しいがテーマの発酵調味料づくりから。
療養食作りの経験から、ちょっとしたコツもお伝えしまています♡

発酵調味料講座

不調の原因を見つけて対策することがポイント

自分のからだを知る*自分の体質を知る=健康なからだ・美しさへの第一歩。

忙しいからと痛みがあってもガマンしたままにしていませんか?
違和感がある、痛みがあるということは、正常な状態ではないよ!!という、身体の中のサインです。
そのままにすると慢性的な症状から病気へと変わってしまうこともあります。
女性の場合、加齢や生活習慣の積み重ねによるものだけでなく、妊娠・出産による体への影響や、職場での人間関係、ストレスによる心身の疲労も大きく係わってきます。

①冷え、血行不良
②ストレス、自律神経の乱れ
③食生活の乱れ
④骨盤のゆがみ
⑤運動不足

上記5項目、少し気にして自分の身体と向き合うこと。
今ある不調、そのままにせず、お身体を見直していきませんか?
経過観察中ということは、身体を変える時間があるよ!!ということです。

例え手術をしないで閉経を迎えたとしても、筋腫が出来てしまった体質は変わっていません。
歳を重ねる毎に身体のトラブルは出てきます。

まずは冷えむくみを改善。
身体を温かく血の巡りを改善し、基礎代謝を上げて全身のめぐりをよくすること。
老廃物の溜まりにくい体にすることは女性にとって大切なケアのひとつです。

まだ体力があるうちは体も対応できますが、年齢を重ねていくと体力も気力も弱くなってきます。
更年期を迎える前に、自分の体を見直し、生活習慣、過ごし方を変えるだけで体調やお肌、体型までも変わってきます。
更年期は千差万別ですが、症状がきつくなると仕事やプライベートにまで影響をおよぼします。
プレ更年期の時期にしっかり自分の体と向き合うことは、いずれ訪れる更年期に向けて大きく影響してきます。

プレ更年期はこれから始まる人生の折り返し地点。
更年期についての正しい基礎を知る
適度な運動
食生活の改善
身体を整えて、更年期の不調、更年期障害にならないために自分の体・心の健康についてきちんと考えましょう。

更年期によくあること