老廃物が溜まるとこんなに危険!!!

こんにちは
つぼねあんマスオサユリです

自分の老廃物って1日、どのくらい排出されているか、意識していますか?
私の家族は、腎臓の難病で在宅治療をしています。

腎臓の役割ってご存知ですか?
何となくわかってはいるけれど、自分のことじゃないと深く考えないのかなと思います。

あたりまえのように出ている尿。
1日に出す尿の量って意識したことがありますか?

腎機能が衰えてくると、血液中の老廃物や不要物のろ過・排泄が十分にできなくなってしまいます。

在宅治療の前は、病院に1か月に1回、摂取した水分量と排出した水分(尿)量を測って提出していました。
飲んだ分と出す分量がどの位の割合なのか・・・。

摂取した水分量を測る。
出た尿の量を測る。

水分量は概算ですが、飲料水だけでなく、食事の中に含まれる水分も入れます。
外出する日は本当に大変です💦

1ヶ月に1回とはいえ、本当に手間。
でもとても重要な検査でもあります。
私自身、サポートする立場として、この検査をしてもらうことで結果がわかりやすいためとても役立てています。

私も自分で1日の水分量の摂取・排出をチェックをしたことがあります。
自分の身体は、どうなんだろうって…。

患者本人も一番気にすることが、自分の尿の量です。
尿が少しでも出ていると、一日の水分摂取量もかなり緩和されますし、身体も少しは楽です。
でも、出なくなると水分量の制限も厳しくなるし、疲れやすく冷えやすく浮腫みやすい・・・。

わかりやすい例として…
足の攣り。
恐怖を感じる位、ひどい状態になります。

私はセラピストですので、生理解剖学も頭に入っています。
攣った時の対応もさっとできるはず・・・ですが、病気の身体の攣りの状態は想像を絶します。
なかなか治らない。
攣る状態がひどすぎて対応に苦慮します。

サロンのお客様にも、

朝起きてトイレに行ったっきり夕方まで出てない。
忙しくて気が付いたらトイレに行ってない。

仕事の関係上トイレに行くにも時間が取れなかったり、衛生面の管理が厳しく、一度部屋から出ると入るのに用意が大変でなど、お仕事柄、水分を控えてしまっている。
という方も少なくありません。

でもこの当たり前の尿が出ることって身体にとってとってもとってもとっても重要なことです。

私は長年、デトックスと言えば・・・のアーユルヴェーダや足もみという自然療法に携わり、お客様の毒だしケアをしてきました。
当たり前のように「老廃物をためないように」と言ってきたけれど、改めて家族のサポートを始めて、老廃物をためることの怖さ、そして病気に繋がるということを身をもって学んでいます。

デトックスって、健康な体だからできることなんです。
アーユルヴェーダの毒だし療法であるオイルケア、サロンのお客様ならご存知だけど、、、、

毒出しがしっかり出来ると

 からだが軽くなった!!!
 すっきりした!!!
 楽になった!!!

というお声が多いです。
反対に、老廃物が溜まりすぎていると、、、
1度や2度のケアでは、追いつかず、、、

汗がかけない、汗の量が少ない
疲れやすい、疲れる、だるくなる
頭が痛くなる

ブブーーーーッ

毒出しケア後にこうした不快感が出るのは、毒出しがきちんと出来ていない、身体の中に残った状態なんですね。

溜め込みすぎると疲れやすくなったり、だるくなったり、やる気がでなくなったりと、身体からもサインが出ています。
こんな時は自分で何とかするにも限界です。

自分の健康が気になる・・・不安という方はぜひご相談くださいね。